ワキガ治療に対しては大変?気を付けるポイントの他にもお悩み

「お風呂に入ったというにも拘らずワキのニオイにも拘らずクサイ」「ワキ汗が多くて汗ジミのだが目立つ」

「年齢を重ねるにつれてワキ汗又はニオイんだけど気になってきた」「満員電車で周りくせに近寄らない気がする」

「コートもしくはニットで蒸れて、さらに悪臭にもかかわらずこもる」…
冬になっても悩みのにも拘らず尽きないワキガ・多汗症にもかかわらず、当該の治療に来る際はどういうものがあるかご存知でしょうか?制汗スプレー等の様なデオドラント製品変わらず薬を使ってまでもがまったく良くならないという消費者という点は、思い切って治療に挑戦してみることなども良いかもしれません。

今回は、ワキガ・多汗症治療の方法とは気を付けるポイント、治療のお悩みについての特集なんです。

目次

1.ワキガ・多汗症治療というようなどういうもの?

2.重度のワキガ・多汗症に対する治療方法以後というもの?

1.切開手術法のメリットとデメリット

2.最新治療法「ミラドライ」のメリットとデメリット

3.「ミラドライ」を使ったワキガ・多汗症治療のお悩みと言われるものは?

Q1.痛みはありますではないでしょうか?

Q2.傷痕と言われるのは残りますかもね?

Q3.再発の心配はありますかもね?

4.「ミラドライ」でワキガ・多汗症治療をしたい時は?

ワキガ・多汗症治療という意味はどういうもの?ワキガ治療と言われるのは大変?気を付けるポイントもしくはお悩み ミセルクリニック

ワキガ・多汗症治療って、軽症より重症という症状ごとに推奨される治療方法があります。軽症の場合は生活改善を基本としながら、薬剤を服用・塗布してニオイの原因を抑える方法または、ボトックス注射をして汗腺を麻痺させる方法はいいけれど用いられます。しかし、それでも効果が出ない様な重症の場合は手術を行う方法けれどとられます。

重度のワキガ・多汗症に対する治療方法となっているのは?ワキガ治療という部分は大変?気を付けるポイントに加えてお悩み ミセルクリニック

ワキガ・多汗症のだけれど重症な消費者の治療後は、従来、「切開手術」と呼ばれる方法を主に取り扱っていました。

切開手術法のメリットとデメリット【メリット】効果ながらも半永久的に続く/重症例にすらも適応できる
【デメリット】傷痕のだけれど残ってしまう/手術に於いては時間がかかる/治癒迄の時間も長い/費用が高額

切開手術法で言うと、ワキの下をメスで切り開き、ニオイの原因となる汗腺を直接取り除いていきます。人の手で直接汗腺を取り除かなければならないものだから、1から4時間の手術時間とは言え必要で、皮膚を傷つける方法で数日間につきましては安静にしなければならず、さらに傷口けども治癒する迄には3を超えて4週間程度の時間が必要です。

汗腺を取り除くことが要因となって、効果は半永久的に続きますのだけど、切開した部分の傷痕のではあるが残ってしまう他にも時間がかかる手術から来ていて、社会人にということは何となくハードルにしても高く、同様に美容にはこだわりたい人間っていうのは不人気な方法でもあります。手術費用も30万円以降55万円には高額で患者負担けれども高い手術だそうです。

そんな中、最新機種のワキガ・多汗症治療機器「ミラドライ」の登場で判断して、ワキガ・多汗症治療としては大きな変化が起こりました!

最新治療法「ミラドライ」のメリットとデメリット【メリット】効果けども半永久的に続く/傷痕のにも拘らず残らない/重症例にまで適応できる/施術時間にもかかわらず短い/施術後一気に日常生活を過ごせる
【デメリット】施術部位ために一時的に腫れる/ある程度の費用がかかる

切開手術法で感じていたデメリットをカバーすることを心がけて登場したということが「ミラドライ」だと考えられます。マイクロウェーブを照射して、皮膚の下にある汗腺を直接破壊するようにすればワキガ・多汗症の治療効果を示します。ピッタリ合う効果は半永久的で、施術後一発で日常生活を過ごせるようになることが理由となって、忙しい現代人ならば非常に負担の少ない方法であると言えます。施術時間につきましてはおおよそ1以後2時間、切開手術法に比べると治療費用までも低めに抑えられている方も魅力の一つです。皮膚を切らない治療方法で傷痕はいいけれど残らないので、美容を気にするユーザーと断定しても支持される方法です。

「ミラドライ」を使ったワキガ・多汗症治療のお悩みというのは?ワキガ治療については大変?気を付けるポイントないしはお悩み ミセルクリニック

最新の治療法「ミラドライ」でワキガ・多汗症治療を行うといった場合の代表的なお問い合わせ・お悩み内容について一部ご紹介します。

Q1. 痛みはありますではないでしょうか?A.弊院だと施術前に局所麻酔を使用します。更には、「ミラドライ」に来る際はクーリング機能があり、炎症を抑えるお陰で照射部位を冷やしにもかかわらずマイクロウェーブを照射していくので、痛みを最小限に抑える事ができます。麻酔はいいが切れた後の痛みに対しては鎮痛薬を準備しているので、痛みのだけど怖いのだってご安心ください。

Q2. 傷痕というもの残りますではありませんか?A.従来の切開手術法だと思いますがメスを使用することが理由で傷痕んだけれど残ってしまいますが、最新治療法の「ミラドライ」のはメスを使用しない方法で傷痕わけですが残るという事はありません。施術後に炎症に限定せず腫れが起こることがありますにも関わらず、時間の経過とともに少しずつ落ち着いていきます。

Q3. 再発の心配はありますでした?A.従来の切開手術法としたら、手さぐりで汗腺を除去していたので、まれに汗腺の取り残しがある場合に再発するということがありました。しかし「ミラドライ」という点はマイクロウェーブを照射して汗腺を破壊するというメカニズムから言えば、破壊した汗腺はいいけれど再生する可能性に関しましてはありません。それでもニオイのみならずワキ汗のですが減ら掛けていた、又出てきたという時は、以下のような理由が考えられます。

●適切なパワーで照射としてもできていなかった

照射後の痛みな上腫れを気にする残り弱いパワーで照射を行うと、汗腺をしっかり破壊できていないことがあります。パワー調節を目論むなら知識・経験・技術等々の実力を兼ね揃えた専門的な施術者が必要です。信頼できるクリニックを選ぶようにしましょう。

●成長で新しい汗腺為に作られた

10代前半なぞ第二次成長期の前後になると治療を行った場合と言いますと、成長やつに終了するまでの間に新しい汗腺ながらも作られてしまう可能性があります。個人差もありますのにもかかわらず、その時に汗に加えてニオイながらも増えたように感じてしまうことがあるようです。上記のほどの成長期の影響を回避するという目的で、わが院とにかく18歳以降の治療をおすすめしています。

●生き残った汗腺ために回復した

「ミラドライ」の場合は、汗腺全体の大体7以降8割程度を破壊するというプロセスができます。これを受け、施術直後には汗またはニオイのではあるが完全になくなったという様な感じても、数ヶ月経過すると症状んですが戻ってしまったと感じることがあります。これは生き残った汗腺ために回復したお蔭で、再度活動を始めたおかげです。この状態は「ミラドライ」の正常な術後経過であり、再発ではないのでご安心ください。